• とにかく出会えるんです!

    雑誌掲載、ティッシュ配布等の広告活動にも力を入れているので幅広い年代の男女に圧倒的人気があります。
    利用者の大半はリアルな出会い目的の為、お試しの無料ポイントで出会うこともできます。

    セフレパークのバナー

    セフレパーク

    • セフレ・即アポ
      割り切り
    • 女性の質が高く
      待ち合わせが早い
  • アダルト特化型オススメサイト!

    可愛らしいデザインと使いやすさで20代、30代の若い女性に人気!
    おかげさまで毎月多くのカップルが誕生しています!! 割り切った出会いを求めている人には今一番おすすめな出会い系サイトです。

    SWEET LINEのバナー

    SWEET LINE

    • セフレ・大人恋愛
      即アポ
    • セキュリティが
      万全
  • 今すぐSEXが目的な方はココ!

    割り切り相手を探す時にオススメなのがコチラ!
    写メ&プロフィール検索であなた好みの相手を見つけることが可能。 更に、掲示板はエリア別に分かれていのですぐに会える相手を簡単に見つけることが可能。

    愛カツのバナー

    愛カツ

    • セフレ・即アポ
      写メ
    • サクラがいなくて
      安心安全

セフレって簡単に出来るんです!


近頃、特にネットを騒がせているワードに「セフレ」という言葉があります。セフレとはセックス・フレンドの略称です。つまり、ただのフレンド(友達)ではなくセックス(性行為)を介在させた友達という意味です。ここで言う性行為とは、普通のノーマルな性行為であって、ホモとかゲイの性行為は含まないようです。セフレ関係にある男女というのは、それぞれが恋人や配偶者がいてもOKという、おおらかというか、大雑把というか、だらしないというか、都合がいいというか、恋愛感情がまるでなくても、性行為さえあれば成り立つという関係を言うようです。

性の欲求は男女ともに存在するのは理解できますが、男性の「すぐやりたい」という切羽詰った感は、女性の性欲を遥かに凌ぐエネルギーであることは、男性以外女性にはあまり知られてはいません。そのため、男性側に恋人や配偶者がいたとしても、セフレ関係を望むことはごく自然なことと思われます。セフレ関係の当初は、男性側の利益の観点からしか評価されませんでしたが、女性も「やりたい」衝動を抑え続ける事は無意味だと感じ始めたのではないでしょうか。

このごろでは、女性からの性衝動も赤裸々に語られるようになり、セフレという言葉は完全に市民権を得るまでになりました。セフレ関係の構築を考えているのであれば、覚悟というものが必要です。現在の配偶者や恋人を失ってしまうというリスクは常に存在するからです。配偶者や恋人を絶対失いたくない男性は、セフレなどということを考えてはいけません。その人だけを大事にすることです。それでもセフレという言葉に魅力を感じていて、自分の脳からひと時も離れないというのであれば、配偶者も恋人も失うことなくセフレ関係の構築は可能という前提で話を進めましょう。

セフレを作りたいと思えば、多くの女性に出会うことが必要です。その中から、希望する女性と交渉しなければなりません。多くの女性と会うためには、やはり出会い系サイトを利用しなければなりません。「本当に出会えるのも難儀しているのに、ましてやセフレなんて……」と思っている人もいるでしょうが、出会えない人には出会えないだけの理由が存在します。

ネットには、「出会うためのコツ」集で溢れています。しかし、ある人は成功しても、万人が成功するはずもなく、読んでいて「不発感」を味わった人も多いのではないでしょうか。出会い系サイト攻略は、受験勉強と同じく傾向と対策をしっかりマスターし、過去問を数多くこなすことに絞られます。出会い系サイトは受験予備校と考えてください。予備校選びを間違ってしまうと、志望校(セフレ)には入れません。予備校の校則や決まりに翻弄されて、最後には「志望校はどれだっけ」状態になる可能性もあります。

ここで、予備校選びのコツを列挙していきましょう。

無料サイトよりは有料サイトを選びましょう

どのサイトも基本的に、女性の会員登録は無料になっています。そのため、女性は無料系に登録する事はまれだということです。

エロ画面を前面に出して宣伝しているサイトは、出会うことなどできません

たとえ、セフレになりたい女性が登録を考えたとしても、エロ全開のサイトを選ぶでしょうか。

公表会員数が多いことが必要です

信用があるから会員が集まるのです。会員の絶対数が多いことが条件です。

サイト運営に10年以上の経験があるか、調べてみます

10年以上、問題がなく運営をしてきたのですから、会員の信用も厚いと考えられます。

以上がサイト選びの基本です。

女性経験の少ない人がセフレを作ると、不幸になっていくパターンがあります。それは「のめり込み」の恐怖というものです。「猿にめがね」ということわざがあります。猿にめがねを与えると、めがねにだけ興味を示し、他のことを忘れて身を滅ぼしてしまうという例えです。セフレが一旦できてしまうと、面白みが付いて周囲のことに関心がいかず、ついには人間関係さえ破綻に追い込まれてしまう例です。女性経験のなさに、真面目・一本木・猪突猛進が加わると、周囲に眼も気も回らなくなります。この事は肝に銘じておく必要があります。

セフレを作ろうと思っている男性に配偶者や恋人がいるとすれば、自由恋愛とはなりません。セフレとは一種の浮気となってしまいます。女性はこと浮気に対しては勘が鋭いので、見抜かれる危険もあります。絶対ばれることのないように細心の注意が必要です。

セフレの女性が、恋愛感情を持ち込んでくる場合があります。体の関係・相性だけの付き合いと思っていても、そこには恋愛感情も沸く時もあるでしょう。特にセフレの女性からの熱望があると、ほとんどの男性は揺れてしまいます。セフレを続けていこうとする男性は、そこで最後を悟る行動に出ます。セフレとの関係を終わりにしてしまうので、「なんということでしょう」無常ではありませんか、という考えもありますが、この状態をそのまま放置すると、配偶者や恋人との関係が崩れてしまいます。「危険を感じたら退却」、セフレの鉄則です。優柔不断は身の破滅を誘い込みます。

このようにセフレ作りには種々の問題があります。配偶者や恋人との関係は崩したくはないが、セフレは欲しいのであれば、時には心を鬼にする覚悟も必要です。二者択一を迫られる場合や、心を鬼にする覚悟と聞くと、『子連れ狼』のような非情さが求められます。

特に心に留めておきたいのは、「セフレの依存性」についてです。前述したように、真面目な人ほどセフレ依存症にかかる危険があります。節度をわきまえ、クールに立ち振る舞わなければ、優柔不断が事件性を帯びることになります。

Comments are closed.